【Android】Android Studioのキャッシュ削除

はじめに

PCの空き容量がなくなった時、Android Studioの動作がなんかおかしい時など

キャッシュを削除したいなーというタイミングはあると思います。

今回はAndroid Studioで開発している人向けキャッシュ削除方法をご紹介します。

キャッシュ削除方法

Gradleキャッシュの削除

Macの場合は以下のコマンドでキャッシュを削除できます。

rm -rf  ~/.gradle/caches/

プロジェクトのキャッシュクリア

./gradlew cleanBuildCache

buildディレクトリの削除

プロジェクト配下のbuildディレクトリを削除

rm -rf PROJECT_DIR/build/

PROJECT_DIRはAndroid Studioのプロジェクトのルートです

Androidプラグインのキャッシュ削除

rm -r /.android/build-cache/

Android Studioのビルドキャッシュの保存場所の変更

Android プラグインはデフォルトで <user-home>/.android/build-cache/ にキャッシュを保存します。次のパス変数(優先度の高いものから記載)のいずれかを設定している場合、Android Studio は代わりに <path-variable>/.android/build-cache/ を使用します。

ビルド キャッシュによるクリーンビルドの高速化  |  Android デベロッパー  |  Android Developersより引用

  

gradle.propertiesで以下のように記述することで、キャッシュの保存場所を変更することができます。

android.buildCacheDir=<path-to-directory>

ビルドキャッシュの無効化

ビルド キャッシュによりクリーンビルドの速度が向上するため、この機能を無効化することは推奨されません。

ビルド キャッシュによるクリーンビルドの高速化  |  Android デベロッパー  |  Android Developersより引用

   

キャッシュの無効化は推奨されていないようですが、どうしてもキャッシュも無効化したい場合はgradle.propertiesに以下を記述します。

android.enableBuildCache=false

まとめ

Androidアプリ開発をする人向けのキャッシュ削除方法についてご紹介しました。

参考

android — グラドルキャッシュをクリアする方法

ビルド キャッシュによるクリーンビルドの高速化  |  Android デベロッパー  |  Android Developers