dasukoのブログ

現役エンジニアのブログです。

何かを始めるにしても勉強の仕方を知らないと、ただ時間を無駄にするだけになる

はじめに

何かを勉強するタイミングとは、様々だと思います。

  • 何か新しいことを始める
  • 企業する
  • 新しい職種にチャレンジする
  • 資格を取る
  • 今までに経験のない仕事を任された

しかし、モチベーションがあっても、いくら努力したとしても勉強の仕方を知らないと時間を無駄にするだけだと思います。

多くのビジネス関連のインフルエンサーは「なんでもいいから、今すぐ行動しろ」みたいなことを言っていますが、

まず、問題点って行動するしないよりも、学び方が間違っている人が多いのかなという気がします。

勉強するスキル

勉強する、何かを習得するというのはスキルです。

本を読んだとしても、実際にそれを日常生活に活かせている人がほとんどいないように

勉強したとしても、勉強した気になっているだけで、実際には何も身についていないということは往々にしてあります。

勉強が苦手だという意識がある方は、まず、勉強を始める前に勉強方法について学ぶ、もしくは身に付ける必要があると思います。

(そういう意味では高学歴の人は優秀である可能性が高いと言えます)

で、正しい勉強方法ってなんだよ!と思うかもしれませんが、

これに関しては、人によるので、自分なりの勉強方法が見つかっていない方は、いろいろ試しながら見つけていく必要があるのかなと思います。

お金をたくさん払った方が、「お金をたくさん払ったんだし、やらなきゃ!」という気持ちになる人もいれば、

物事を継続することができる人は、「お金なんか使いたくない!情報はどこにでもあるんだから」と考える人もいると思います。

また、実際にやってみることで、わからないことがあれば都度調べていくことで身につけていく人もいます。

筆者は、なんでもまず実際にやってみる派です。

まあこれだとあまりにも内容が薄いので、

個人的な意見を書くと、とりあえずスクールとか本で何かを学ぼうとするのはよくないと思っています。

スクールは短期間での学習が見込めないのと、情報をピックアップしづらい(これは知ってるからいらない!これは知ってるからもう少し知りたい!みたいなこと)ので、あまりお勧めできないかなと思っています。

本に関しては、本当にわかりやすいものであればいいですが、一回まずインターネットで調べてみるというのをおすすめします。

それでわからなければ、本を買う。もっと細かい内容まで知りたいと思えば、本を買うというのをしてみるといいと思います。

最後に

本をたくさん買って、スクールにたくさん行って

実際に何も自ら行動しないのであれば、水泳の本を読んでるけど、水の中には入ったことがないのと同じだと思います。

そんな人が泳げるわけありません。

まずは、水の中に入って、どのくらい自分は泳げるのかを試してみて、それにあった学習方法を実践することが重要だと思います。